独立成功の秘訣とは。クリアすべき課題について語る。

独立後に変化するIT技術者の役割

IT業界には、将来独立できる仕事は数多くあります。

例えばプログラマーやシステムエンジニアの中にも、技術力に自信があり独立するエンジニアは多いです。

しかし独立できる仕事でも、成功が約束されているわけではありません。
会社勤めの時には上手く開発の仕事をこなせていた人物でも、会社を離れて独立してみると上手くいかないケースは多々あります。

その理由は、独立することにより仕事の役割が大きく変化するためです。
開発会社の組織の中で技術者は開発業務のみに専念すればいい役割であったものの、独立を果たしたことをきっかけに事情が大きく変化します。

会社では専門的なノウハウを持ったスタッフが在籍していて、互いに役割分担しながら組織を支えています。
技術者の場合には、技術開発に専念さえすれば、組織内で与えられた役割を果たすことができます。
その一方で営業や経理などの業務については、他のスタッフが担当しています。

しかし技術者が独立してフリーランスになった場合、自ら担うことになる役割が増えます。
技術力は他のエンジニアに負けない自信があっても、これまで携わったことのない営業や経理といった役割が上手くいかず、独立に失敗する可能性が否定できません。

そこで会社を独立する前には、技術開発以外にも手掛けなければならない役割が増える心構えが不可欠です。
それでも独立してこれからも仕事がやっていける自信があるなら、挑戦して成功できる素質は十分にあります。

Comments are closed.

カレンダー

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

Tag Cloud